KOHKI Official Site

TOPICS

―f字孔―

2019.06.01―f字孔―

サウンド考察 ―f字孔― 04

―f字孔― STUDIO-KOHKIからお届けするサウンド考察

ギターが思ったような音で鳴らない…
問題はギターかアンプか、腕か(笑)、はたまた?
でも一番抜け落ちているのは「考え方」だったりするのかもしれない
何かのヒントになれば、という事で不定期に書いていきます

――――――――――――

 

前回、エレキギターはドラムとの相対的な関係性の中にある

そんな考え方について書きました

木を見るためには、先に森を見なくちゃいけない

ギター・サウンドの追求は、ギター以外の音への意識からスタートする

平たく言ってしまえば、「周りの音をよく聴いて」ですね

もう聞き飽きたような話でしょうか(笑)

今回はおさらい的に、そこをもう少し整理してみます

 

バンド演奏

それは具体的に、何が起こっている状態を指すんでしょうか

もちろん、演奏をしているんですが(笑)

それだけでしょうか?

見方を変えれば、「周波数の奪い合い/分け合いをしている」とも言えます

バンド全体で放つ、低音から~高音までの「フルレンジ」

それが、みんなで奪い合ったり、分け合ったりする素材となるパイです

パイは1枚しか無いので、分けるしかない

4人編成なら、フルレンジを4分割してシェアする

(実際には、そんな単純では無いですが…)

言い換えれば、アンサンブルというのは「全部でひとつ」になるという事

これを目的としています

この「全部で1個」というのがミソですね

全体で、ひとつの完成された音像を組み上げる、という事

 

視覚的にイメージしやすいのは、例えばパズルでしょうか

パズルのピースって、ひとつひとつは凹凸で変な形をしていますよね?

でも、あるピースの凹に、別のピースの凸がハマり、それが連続していけば…

出来上がりは、四角形のひとつの絵・像

バンド・アンサンブルも、全く同じ事をやっているわけです

ギターの音は、そのパズルの中のピースのひとつに過ぎない

それも、ピース単体だとかなり歪(いびつ)な形の…

 

例えば、ミキシング作業をしていて、ほぼ完成に近づいた頃

何となくベースがいい音だな、と思ってベースだけ聴いてみる

すると、だいたいショボい音しています(笑)

逆に、ベース単体だけで成り立つような音がしていたら困りますよね

ドラムとベースの凹凸を噛ませて、ひとつの音像にする事が目的ですから…

リズムトラックだけでも、この調子です

実際には、すべての楽器間の関係性において、同じ事が起こり続けます(笑)

 

ギターとその周辺の機材に十二分に投資し、音作りも万全!

ところが、いざバンドで演奏した時に、思ったような結果が返ってこない

ギターが鳴りたい所で、鳴らない!

このパターン、大抵ギターの音だけを聴いて善し悪しを判断した音作りです

ギターだけでいい音しているのです

ギター1本で、パズルの四角形を完成させようとしている

ギター単体でフルレンジを満たした状態が最高なんだ、という思い込み…

6弦をミュート気味にズンっと弾くと、そこにキックが鳴ったような気がする

低音弦の豊かな鳴りに、ベースの存在すら感じる

高音弦をシャキ~んと弾くと、あたかもそこにシンバルが見える…

要は、ギター1本の中に、「バンドの残像」を見ているんです…

というか見たい!

なぜなら、いまひとりで弾いているから(笑)

…ましてやそこに、もうそれなりの投資をしてしまったわけですよね?

そりゃいい音が出てるとでも思い込まなきゃ、やってられないですよね(笑)

で、本番もエレキギターをひとりで弾くんでしたっけ?

 

いざバンドで演奏します

低音には、本物のキックとベースが居ます

高音には、本物のシンバルやヴォーカルの子音が居ます

そこにギターが居て、どうするんですか?(笑)

これがフルレンジというパズルの中の、いちピースでいる事の基本的な考え方です

ギターが、全てを担ってはいけないのです

 

再び、いいギターの音の定義

これを断定するのは難しい?

…でも難しいままにしておくのは、ただの知的怠慢(笑)

常に「その時点での正解」を携えて、演奏していかなくては!

いいギターの音の定義とは?

 

『アンサンブルの中で求められる「ギターの所定位置」を射抜いた音』

 

とりあえず、コレではないでしょうか?

バンド・サウンドの中で、ギターには明確な居場所が用意されているようです

要はストライク・ゾーン

そこに、どストライクで刺さった音を、「いい音だ」と感じる

全体の中で求められている役割を果たせる音

その音楽の商品価値に、貢献する音

その楽曲の背中を、後押しする音

それを聴いた時、人は条件反射的に「いい音だ」と感じるのではないでしょうか

 

そして、その感じかたは「美しい錯覚」であるとも言えます

すべての凹凸が噛み合った音像の中で、華麗に鳴り響くギターに好印象を持つ

が、先述のように、そのギターだけを取り出した所で、単体では成立しない…

「いいギターの音」というピースの形は、それ単体では歪(いびつ)です

それがアンサンブルの中の指定席に、抜かりなく鎮座することが出来た時…

「何ていいギターの音なんだろう!」…と人は錯覚する

錯覚し続ける事が、聴衆の正義

そして錯覚させ続ける事が、音楽家の正義ですね(笑)

 

これらを踏まえると…

投資に不相応な結果が返ってくるケースも十分にあり得る、と言わざるを得ません

ギターに投資するという事と、ストライク・ゾーンを射抜くという事

この両者は、ほとんど関係のない作業ですから(笑)

 

ところで、そのストライク・ゾーンの音色は、演奏する音楽によって変化します

スリーピースなら、ヴォーカル込みだと4分の1の面積がギターに宛がわれる

10人編成なら、10分の1ですよね(あくまで極端なイメージ)

この、求められる面積=音色の違いを、「好み」で片付ける傾向があります

「好き好き」「人それぞれ」

そのためか、いい音を断定的に定義する事は難しい、とされてきました

しかし、本当にそうでしょうか?

 

演奏する音楽が変わると、そこに求められるストライク・ゾーンの音色も変わる

音楽が変われば…

では、音楽が決まれば、どうですか?

その音楽を演奏している瞬間は、その音楽を演奏すると決めたわけですよね?

決めないで、どうやって演奏するんですか(笑)

いろいろな音楽がある…

でも、同時に演奏できる音楽は、せいぜいひとつですよね(笑)

では、その時演奏している音楽に求められる、ストライクな音色も?

「ひとつ」ですよね

百歩譲って、「ひとつ、か、ふたつ」

…実はほぼ、断定的に定義出来るんではないでしょうか!?(笑)

 

「何がいい音か」は、音楽の内容によって変わる

しかし内容が定められたら、そこに宛がわれるべき「いい音」も定義される

そこに対応出来ない状態を、「正解なんて…無い!」で逃げる?

これは単に、我々の怠慢ですよね(笑)

 

ちなみに、音楽の歴史の中で様々な「いい音の定義」を提示してくれた音源ソフト…

いわゆるCDってやつですね

1枚2千円で売っております(笑)

我々はいったい、何を聴いてきたんでしょうか…

 

という事で、次回はより具体的な音作りを考察してみたいと思います

 

 

つづく...

2019.05.31―f字孔―

サウンド考察 ―f字孔― 03

―f字孔― STUDIO-KOHKIからお届けするサウンド考察

ギターが思ったような音で鳴らない…
問題はギターかアンプか、腕か(笑)、はたまた?
でも一番抜け落ちているのは「考え方」だったりするのかもしれない
何かのヒントになれば、という事で不定期に書いていきます

――――――――――――

 

前回で大幅に脱線しましたが(笑)、またロックギターに戻りましょう

今回はなぜ「エレキギター」か、という話です

 

ロックの花形楽器、エレキギター

ギターの音作りに、みんなこだわり、悩む

だけどギターの音が置かれる「環境」には、あまり関心がなかったりする

 

背景と前景

たとえば日の丸とか、ゴハンと梅干でもいいですが(笑)

背景が「白」、前景が「赤」

仮に背景が「青」になったら…

それでも前景の「赤」の印象はそのままでしょうか?

いや、えらくエグい印象になりますよね(笑)

でも「赤」は変わっていない、そのままなんです

前景には手を触れない

その前景が置かれている背景を変えることで、前景の印象を操作する

 

こだわりの対象物(ここではギター)

その印象は、対象物だけで形成されているわけではない

その対象物が置かれた「環境」によって左右される

左右されなければ楽なんですが(笑)

という事は、「ギターの印象」を操作する時に、まず意識すべきは?

「ギター以外」ですよね(笑)

「ギター以外」を熟知して、初めていいギターを鳴らせるのかもしれません

 

バンドでは、ギター以外の楽器によって作られる「音環境」があります

その音環境の中で、一番支配的な楽器って何でしょう?

ほとんどの楽器は、それぞれ得意な音域に偏っていますよね

唯一、低音から高音までの全音域を(かなりの音量で)カバーする楽器…

ドラムですね!

それもそのはず、大太鼓からシンバルまでを寄せ集めた集合体ですから(笑)

そんな支配的なドラムに対して、ギターはどうアプローチするのか?

 

ギター・サウンドを語る、という事

それはつまり「対ドラム対策」を考える、という事なんです

エレキギターとはそもそも、「ドラムとの関係性の中にしか存在しない」

極論ですが、ひとつの考え方です

 

そしてこの事は、エレキギター自体の成り立ちに遡る事で見えてきます

なぜギターを電気化(エレクトリファイ)したのか?

ひとまず、昔のジャズ・アンサンブルをイメージしてみましょう

ドラムが居ます

キックが小口径の18インチ、ジャズなので演奏もそれなりに繊細…

でもなかなかの音量です(笑)

ウッドベースは、背板を部屋の隅に向けています

隅に溜まった低音が、そのまま壁伝いに部屋全体に回り込みます

部屋そのものをスピーカーの箱・エンクロージャーにしたわけですね

ちょっと音量不足ながら、うまく乗り切りました

クラシックのコンサートに行くと、コントラバスって壁側に居ますよね?

どうでもいい楽器だから壁際なわけじゃないですよ(笑)

そこから来たやり方です

小太鼓が、ロックのセッティングと逆で奏者側に傾いているのも理由があります

木管楽器など、発音の立ち上がりが遅い楽器と小太鼓が同じ音符を打つと?

スナッピーがお客さん側を向いていたんでは、小太鼓の音が早過ぎます

そこでステージ後方の壁に一度跳ね返し、ディレイした音がお客さんに届く

それで、やっと木管と発音が揃うんです

また脱線しましたが(笑)

で、ピアノもフタを開けて…

まぁ、鍵盤が飛ぶほど弾かなくても(誰?)、十分な音量ですね

サックス、でかい!(笑)

とまぁ、生音だけで成立するようにデザインされた楽器で構成されています

というか、そういう楽器しか楽器として認められてない時代ですから…

 

そこに当時、ピックギターというものがありました

f字孔のみ開いているフルアコです

ジャズ・アンサンブルに加わり、コードをサクサク弾いていました

この頃のギターの立ち位置は?

「ギターは洗濯板の代わり」

これです(笑)

想像してみてください

上記のようなジャズ編成の音量感の中に、ピックギターが生音で入ります

さて聴こえてくるのは何でしょう?

ピックが弦に当たる音だけですね

音程の情報はほとんど見えません

譜面でいう「××」音、パーカッションとしてのカッティング音だけです

ジャグバンドのウォッシュボード(洗濯板)のパーカッションってありますよね

だから、どっちでも良かったわけです

洗濯板でもギターでも(笑)

だってアンサンブルに入ったら、機能性一緒ですから…

これがギターの当初の扱いだったわけです

 

そこで、ドラムと一緒に演奏できるギターが欲しい!

ドラム、に象徴される音量感と張り合えるギターが欲しい!

これがエレキギターの始まりです

 

エレキギターとは

その誕生の瞬間から、ドラムとの相対的な関係性の中にあるのです

 

 

時は流れロックの時代、1968年…

ダーダッ!・・・ダーダッ!・・・・・・

(・の数は適当じゃありません)

18インチの小口径だったキックは、26インチになり…

スナッピーは20本から42本へ!

シンバルは枯れたジルジャンから、元気なパイステになりました

ベースも箪笥みたいなサイズのアンプで鳴っています

 

でギターは、大丈夫なんでしょうか?

何の工夫もなく「いいギターを買ってきて、アンプのツマミは全部12時さ!」

…で通用するんでしょうか?

いや、そんな事はない

ゴハンの味付けが変わったんだから、梅干も見直さなきゃいけない

 

ここに対する追求と結果が、1973年のジミーペイジの音

「永遠の詩(狂熱のライヴ)」

我々が、ロックギターに求める「いい音」のすべてがそこにある

(音楽性、演奏の好みはいったん脇に置き…)

ひとつの指標ですよね

 

ここから音環境に話を戻すと…

ジミーペイジとは、世界で最もタフな環境に置かれた、可哀想なギタリストです

だって一緒に演奏するのが「あいつら」ですから(笑)

ジョン・ボーナムとJ.P.ジョーンズと一緒に演奏しなければならなかった人…

最高なギターとツマミ12時じゃ、何も聴こえなかったんじゃないですか(笑)

「対ドラム対策」を、極限まで突き詰める必然性に追われたギタリスト

 

もしそこに、いいギターの音があったら…

そのバンドの「ドラム」が、ギターがいい音している「理由」です

(その逆もまたしかり)

ドラムの在り方が、ギターの音色をある特定方向に仕向けているんです

もしローリング・ストーンズのドラマーがジョン・ボーナムだったら?

キースの弾き方とセッティングは、あのままで良いわけないですよね(笑)

要は、ドラムの音を避けて、ギターが生き残れる音域だけに音を圧縮する

それが出来ているか否か

 

普通のゴハンに梅干、で済むなら良かったんです

でも1968年以降は、ゴハンがドライカレーなんですわ!(笑)

そのドライカレーの隙間を縫って、存在感を示せる梅干ってどんな味やねん!

それをやらなきゃいけなかった人、それがジミーペイジです

「音の鳴らし方」そのものにコンシャスだったから、他が抜け落ちた

その抜け落ちたものが、練習です(笑)

ジミーペイジが下手と言っている人は、「音」を聴いてないのかもしれませんね

 

ジミーペイジは頑張った

じゃあ我々はどうする?

 

やっとスタートラインが見えてきた、という事です

 

つづく...

2019.05.30―f字孔―

サウンド考察 ―f字孔― 02

―f字孔― STUDIO-KOHKIからお届けするサウンド考察

ギターが思ったような音で鳴らない…
問題はギターかアンプか、腕か(笑)、はたまた?
でも一番抜け落ちているのは「考え方」だったりするのかもしれない
何かのヒントになれば、という事で不定期に書いていきます

 

――――――――――――

 

今回は、ちょっと脱線してアコースティックの話を

 

ドラムって、とてもアコースティックな楽器です

叩けばとりあえず音は出ますが、さてどう叩くか?

例えばエイトビートを3点で

仮にひとつひとつのパーツに音量のメモリがある、と想定すると…

キック:8 / スネア:8 / ハット:5

なかなかいいバランスですよね

逆は?

キック:4 / スネア:4 / ハット:10

聴きづらいですね(笑)

 

ところで!

このような演奏の強弱による音量コントロールと、もうひとつ…

フェーダーなどの電気的なヴォリュームによる音量コントロールがあります

この両者はまったく同じように機能するのか?

実は違いますね

 

キックを5の力で踏んだとします

5で踏むと、5の音量になると同時に、「5の音色」で鳴ります

それをマイクで拾って、フェーダーを1に下げたら

「5の音色」のまま、音量だけ1になります

フェーダーを10に上げたら、「5の音色」のまま、音量だけ10になります

音色が固定のまま、音量だけが上下する

これが電気的な音量コントロールです

 

演奏自体の強弱による音量コントロールの場合は?

キックを5の力で踏むと「5の音色」で鳴ります

1の力で踏むと「5の音色」のまま、音量だけ1になりますか?

なりませんね!

1の力で踏むと、まず「1の音色」になりますよね

で、音量も1になります

音量を変えたら、同時に音色も変わる

これが、演奏の強弱による音量コントロールで起きる事です

 

完成された音色が不変のまま、音量だけが上下するのではない

音量の変化に伴い、音色も変化し続ける、という状態をどうコントロール下に置くか

これが「演奏する」という事ですね

 

音色に悩む人がいます

でも音色は音量と共にある、という事を知らなかったら?

 

キックを5の力で踏む

この時、低音・中音・高音のバランスがフラットに5だったとします

3の力で踏むと、そのバランスは変わります

変わるんですよ!(笑)

「中音」が下がります

※イメージ 低音:3 / 中音:1 / 高音:3

つまりアタックが弱まります

下に溜まりこむ低音と、ビーターがヘッドに擦れる高音の質感が聴こえてきます

そして、もちろん音量も下がります

7の力で踏むとどうでしょう

中音が持ち上がり、アタックが突出します

※イメージ 低音:7 / 中音:10 / 高音:7

そして、もちろん音量も上がります

 

このバランスの変化は、ちょっと意外でしたでしょうか

7の力で踏むと、全音域が7になる、というイメージだったかもしれません

演奏の強弱に伴い、低音と高音は上下する

が、それ以上に中音が上下する変化率の方が高い、という構造ですね

普段は、音量差によるインパクトの違いに、俄然意識が持っていかれます

実は音色も同時に変化している事に気付けていない場合が多いのです

 

「演奏の強弱に伴い、音色面では中音が率先して上下する」

そして我々が「音量」として感じている情報は、音域に言い換えると中音です

強く演奏すると音が大きく感じるのは、何より中音が突出したから

(その逆もまたしかり)

もっとも早く、遠くまで飛ぶ音域

低音・高音は、その音源から遠ざかると聴こえ難くなっていきます

中音はどこまでも届きます

オーディオを大音量にして音楽を聴くと、低音・高音の迫力がありますよね

音量を下げると、低音・高音が飛ばなくなり、中音だけに痩せていきます

それを補正するために、ラウドネス・ツマミが付いているわけですね

 

話しが飛びますが…

昔のフェンダー・アンプにはミッドのツマミが無いものがありますよね

ではミッドはコントロールできない?

できますよね

ミッドは=マスター・ヴォリュームですから(笑)

ヴォリュームがミッドです

マスター・ヴォリュームで決定したミッドの量(=体感する音量)を基準にする

そこにどれくらいローとハイを纏わりつかせるか

立派な3バンドのトーン・コントロールです

 

例えばブースターにも、ローとハイのツマミしか無いものがあります

ミッドはコントロールできないんでしょうか

ローもハイも0に絞ったら、残るのは何ですか?

ミッドが残りますから、ミッドブースターになりますね

ロー/ハイどちらかを、0から少し回復させると?

重心がローに寄ったら、ローミッド・ブースター

ハイに寄ったら、ハイミッド・ブースターですね

うまく出来ています(笑)

 

さて、演奏の強弱に伴い、音色面では中音が率先して上下する

これは全ての楽器に当てはまります

 

8千円のフォークギターを買ってきました

たぶんボディがベニアで出来ていて、安っぽい音がしました

でも、ある人が弾くと高級マーティンのように聴こえました

 

自分が弾くと安っぽい音がした

残念!

それで終わりではいけません(笑)

なぜ安っぽい音がしたのか

まず、安っぽい音の定義とは?

例えば「痩せた音」でしょうか

低音と高音の倍音が伸びず、中音にしか情報が無いような状態

 

この状態に先ほどの、演奏の強弱による音量・音色の変化の関係性を当てはめます

 

強く弾くと、中音が突出します

それが音が痩せている(安っぽい)と感じる要因です

 

8千円のフォークギターの音が安っぽく聴こえたのは

「強く弾いたから」じゃないですか?

 

では自分が「安っぽい」と感じなくなるまで、中音が下がるラインを探していく

すると、それは演奏の強弱のメモリで想定した所の「5以下」の世界にあるはずです

 

なぜなら弱く弾けば、中音が下がります

中音が下がると、相対的にそれ以外の低音・高音の倍音が伸びて聴こえます

もともと中音が過剰なギターは、こうして正常なバランスに補正しながら演奏できます

ある人が弾くと8千円が高級マーティンのように聴こえた

きっとその人は、8千円のグレードの中で出しうる「最低の中の最高ライン」

それを見抜く力に長けていて、そのライン近辺だけで演奏をしたんでしょうね

 

10の力で弾く

それを受け止めるだけの器があるのが、800万のマーティンでしょうか

8千円のギターは、1~4の力で弾くと「最低の中の最高」の音を引き出せる

 

良い所が無くとも、悪い所をオミットし続ける消去法の演奏

 

ドラマーがライブハウスの対バン・イベントに出演しました

前のバンドがパンクで、スネアのヘッドがボコボコになりました(笑)

でもスティックとリムの当て方で、特定の一箇所だけいい音が鳴る場所がありました

「そこだけ」を叩き続けてワンステージこなしました

お客さんは、何と言いますか?

「○○さんが叩くと、いいスネアの音でしたね~」

与えられた環境(=必ずしもいいとは限らない)の中で、ベストを算出する考え方ですね

 

ちなみに…

普段エレキギターを弾く人が、アコースティックギターの演奏に感じる主な難点は?

弦が硬い、弦高が高くて弾きづらい、などでしょうか

改善策として弦を細くして弦高を下げると、弾きやすくなりますが、音がビビリます

強く弾けば…ですね

強く弾かなければいいんじゃないですか(笑)

強く弾きすぎない事を前提に、低い弦高と細い弦でセットアップすると?

音の隙間が切れずにスムーズな演奏ができ、ピッチがシャープする問題が改善される

いい事尽くめ…「商品としての演奏」をこなすのに、必須の条件ばかりです

 

いい音とは…

視点をたった10cmずらせるかどうか、ただそれだけの事なのかもしれません

 

つづく...

2019.05.29―f字孔―

サウンド考察 ―f字孔― 01

―f字孔― STUDIO-KOHKIからお届けするサウンド考察

ギターが思ったような音で鳴らない…
問題はギターかアンプか、腕か(笑)、はたまた?
でも一番抜け落ちているのは「考え方」だったりするのかもしれない
何かのヒントになれば、という事で不定期に書いていきます

 

――――――――――――

 

初回は、ひとまずロックギターについて

 

いいギターの音、の定義とは?

 

ギターを聴いた時にいい音

バンドと一緒に鳴った時にいい音

いかがでしょうか?

 

レスポールとマーシャル、ってよく言いますよね

いい音のひとつの定義ですね

でも「レスポール」とか「マーシャル」っていうのはただのネーミング

言い方を変えると…

「とある性質のギターと、とある性質のアンプ」

それらを組み合わせたら、メチャクチャいい音が出た(ビンゴ!…じゃなくてビーノ!)

 

だとしたら、それはどんな性質同士のバランスだったんでしょうか

そのバランスを把握していれば?

上記の機材そのものを使用しなくても、いい音の定義に近づけるかもしれない…

ほとんどの人の素通りポイントです(笑)

 

レスポールそれ自体は、どんな音でしたっけ

据わりのいい低音も無い、鈴鳴りの高音も無い

あるのは中低音から中音ぐらい…

まぁまぁローの出るラジオみたいな音かな(笑)

 

マーシャルは?

低音が据わって、高音も伸びる

ドン(低)シャリ(高)って言ったりしますが…

 

中音しか無いギターを、低音・高音が伸びるアンプで鳴らした

そしたら「±0(プラマイゼロ)」でメチャクチャいい音が出た

 

さぁ、あとは「物は言い様」です(笑)

いくつか「言って」みましょう

 

・モコモコのギターを、キンキンのアンプで鳴らしたらいい音が出た

・音の悪いギターを、音のいいアンプで鳴らしたらいい音が出た

・ローファイなギターを、ハイファイなアンプで鳴らしたらいい音が出た

・-100点のギターを、+100点のアンプで鳴らしたら±0でちょうどいい音が出た

・音痩せしたギターを、音が太いアンプで鳴らしたらいい音が出た

・MP3状態のギターを、ハイレゾ品質のアンプで鳴らしたらいい音が出た

…以下省略

 

レスポール側(各文の左側)に注目!

なんと、ヒドい言われ様ですね(笑)

 

レスポールって発売当初、音の落としどころが分からず、人気無いギターだったんです

売れないから、あまりたくさん作らなかったんですよ

で、生産終了!

…から6年経ったら、みなさんのヒーローがプラマイゼロを発見しちゃったんです

さぁ大人気!

でも、たくさん作らなかったから、そんなに無い

結果…バーストはいま5000万ぐらいするのでしょうか?

 

つづく...